道林寺

[住所] 〒932-0045 富山県小矢部市中央町2-43
[TEL] 0766-67-1277 [FAX] 0766-67-1277
[住職名] 楠 尚仁
[宗派] 浄土真宗 東 本願寺派

<沿革・歴史>

松長山道林寺の前身となる真言宗聖主院慶坊は1182年に現在の小矢部市蓮沼に創設。1336年南朝方の楠正成が奏川の戦死の折り、生き残りの一族が正成の甥・正義を守って医王山に逃れた際、一族相図って正義を剃髪、得度させて助命を請い、真言宗聖樹院道林寺9代目の住職(慶開)に据え、以後その子孫が代々住職を世襲した。
同寺13代住職の折り、現在の小矢部市松永に七堂を構えて今の道林寺に名を変えた。
しかし、天正年間、佐久間玄藩に兵糧隠匿の疑いを受けて焼き討ちされ、その後、前田利長の入城国の折り、道場、屋敷、三支所を拝領し、同地区を治めた前田分藩の命で1649年現在地に移り、今の浄土真宗に転じたという。

<年間行事>

1月1日 元旦修正会
4月25日 蓮如御忌会
6月21~22日 祠堂経会
8月15日 盂蘭盆会
10月26~27日 報恩講

<墓地・納骨堂>

金沢支坊(地下納骨堂あり)金沢市長町1-4-52
金沢野田山墓地に「道林寺総墓」あり

明治天皇北陸御巡幸(明治11年10月)の際の行在所なり。昭和63年再建する。