信末山 本敬寺

[住所] 〒939-1675 富山県南砺市祖谷510
[TEL] 0763-52-0978 [FAX] 0763-52-7670
[住職名] 庵 了雄
[宗派] 浄土真宗本願寺派

<沿革・歴史>

養老年間(717~723年)秦澄大師が医王山に開いた際に、集まった修験者の1人「性空」が阿闍梨の位を授かり医王山麓に「元明寺」を創建する(元正帝年間715~724)。これが本敬寺の始まりといわれる。その後八尾、利賀谷、奥飛騨、五箇山、城端と移動し、寛文10年(1670)490年ぶりに医王山祖谷に戻る。

当初法相宗に近い宗派に属していたが、3代目「道専」より天台宗へ改宗。18代「教念」が流転の末白川郷鳩ヶ谷にたどり着き、照蓮寺の善俊に迎え入れられ浄土真宗に改宗。教念は飯島に道場を建て、照蓮寺より「専乗」(娘婿)を迎えた。照蓮寺の善俊が後鳥羽上皇の皇子であることから、寺紋は菊の花を取り入れた紋章としていたことから、専乗も寺紋を「菊に双葉」の文様と定め、本敬寺の寺紋として現在に至っている。

本敬寺に伝わる秘仏
聖徳太子の御彫刻の御仏像だと言い伝えられる。飛騨吉城郡角川村を流れる神通川にある土舞渕の千尋の川底より掬い上げられ、現在はご本尊後方脇に安置されている。

<年間行事>

1月1日 修正会
6月22日 聖徳太子御忌
7月下旬~8月上旬 永代祠堂経会
11月1日、2日 報恩講
12月31日 除夜の鐘